×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イントラレーシックの評判

イントラレーシックとは、レーシックよりもさらに安全性を追求した、最新技術です。メガネやコンタクトレンズが必要なくなることから、イントラレーシックは特に、スポーツ選手の間で人気があります。2007年よりF1開催で話題となっている富士スピードウエイで常に熱い走りで観客の目を釘漬けにしているトップランカー星野選手も手術を受けた一人ですね。イントラレーシックの体験談を読んだ覚えがあります。

角膜にふた状のフラップを作る時、高精度の医療用レーザーをコンピューター制御のもとで使用し作成するため、イントラレーシックは仕上がりが綺麗になります。レーシックでは、問題点や失敗談がよく取り沙汰されました。熟練された眼科医が手術を行なわないと、副作用や後遺症といったデメリットがありました。イントラレーシックは、レーシックよりも術後の安全性と精度が高まったことにより、より安全にフラップの作成が行えます。

イントラレーシックは、手術の安全性と精度がさらに高まり、フラップの厚さを一定の薄さに保つ事ができるようになったので、フラップの内面をさらに滑らかな仕上がりにすることができます。イントラレーシック技術が出てきたことにより、矯正精度の向上を期待することができるようになりました。角膜の形状が極端に大きい方にも、イントラレーシックは安全です。レーシックを中心とする視力回復手術は口コミサイトや掲示板で有名な2ちゃんねるでもリスクが少ないという評価が高いですね。

イントラレーシックは、従来の手術よりも更に進歩した手術となっていますので、より多くの方に適応することができ、より安心して手術を受けられます。強度の近視の人や角膜の薄い人にも、裸眼での生活を手にすることができるという可能性を、イントラレーシックは広げてくれたのです。それでもレーシック等の視力回復手術は少々怖いな!と思うのはある意味当然かもしれません。手術は手術ですからね。そんな方に注目して欲しいグッズが最近巷で評判になっていますね。レーシックの前に試してみるのも良いかもしれません。


⇒評価の高い視力回復アイテムをチェック


イントラレーシックのメリット

イントラレーシックのメリットとは、何を重要視したかがポイントになりますので、イントラレーシックのメリットと言っても、人により様々です。イントラレーシックのメリットとして一番言われることは、眼鏡やコンタクトの必要がなくなった点です。スポーツ選手でなくとも、ケガやわずらわしさなどを減らしてくれるからでしょう。イントラレーシックは、電車の運転士や警察官など、一定以上の視力を必要とする職業において、将来の職の幅を広げてあげることもできるようになりました。キューティーハニー等のヒット曲で有名な倖田 來未(こうだ くみ)さんもイントラレーシックを受けていますね。芸能人のような見られる職業の方にもメリットは大なのでしょう。

イントラレーシックは、手術の時間も短く、眼科医によっては入院の必要がないというところもメリットとして上げられます。痛みは誰もが嫌いますので、麻酔も手術中にも痛みを感じないことから、そこにイントラレーシックのメリットを感じる人もいるでしょう。イントラレーシックは費用が高額と思われがちですが、使い捨てコンタクトレンズを長期に渡って使用した場合の費用など、長い目で考えて比較すると、割安です。

イントラレーシックは、問題点として多少の副作用の危険もありますが、技術面や視力の矯正効果、安全性などから見ても、メリットはたくさんあります。イントラレーシックは、薄いフラップを正確に作ることができ、厚さも均一で強度が保たれるところも、メリットと言えます。視力回復や術後の回復が早いことも、イントラレーシックのメリットです。強い近視の方や、従来は治療できなかった乱視も治療できるので、イントラレーシックは技術面においても、メリットがあるといえます。個人的にはメガネやコンタクトの要らない生活が最大のメリットですね、この不便さから開放されるなら費用は問題ない、と言いたい所です。